ABOUT THE ARTIST

1960年、オランダのライデンで生まれる。

彼の父親はお菓子のデザイナーであり、彫刻家でもあった。

その父親の影響で、幼少期から芸術を身近に感じ、カレルには自由な表現力や創造性が備わっていたった。一方、父親の影響は大きかったものの、両親からは比較的自由に育てられたカレルは、70年代の音楽やバイクに没頭した。この頃から、デザイン、グラフィック、テイラーリング等の分野に興味を持ちだす。

 

1980年、アムステルダムに移り住み、Riedveld Art Academy にてファッションを専攻。

この地は、彼にとり全てが新鮮だった。特に、派手なナイトライフに魅了される。

カレルの作品、特にレザーアイテムは、地元のジェットセッターから絶大な支持を受けた。

また、初期ブランド「Lerac」では、アヴァンギャルドな顧客や、広告会社や映画会社のための特別衣装をデザインし、多くのカスタムピースを提供した。

 

1997年、イタリアンスタイルと地中海での生活に魅了され、生活をミラノに移す。

ここで出会った「クラッシックスタイル」が彼の作品を劇的に変化させる。彼は、ヴィンテージのテイラードジャケットに全く新しい概念、イメージを植え付けた。ヴィンテージの複雑なサルトリアのスーツを解体し、シリコン加工や特殊なステッチワークを施し、革新的な新しい作品を仕上げていった。「Open Tailor」はイタリアンサルトの複雑な手仕事を残し、カレル特有のカラーリングとマテリアルミックスにより仕上げられた、カレルの代表的な作品である。それは、社交場の象徴であるオペラにも着ていくことのできるほど、エレガントなものである。

 

2002年のファッションウィークではミラノの代表的なショールームとのコラボレーションにより、ブランド「Carel van Laere unique pieces」が誕生。各国のハイセンスなセレクトショップなどで取り扱われ、日本ではバーニーズ ニューヨークで10年以上展開され、共に成長してきた。

 

カレルの作品の顧客には、世界各国の著名なアーティストやパフォーマーがいる。

Steven Tyler of Aerosmith (USA), Howard Jones, Ringo Starr, Prodigy, Freddy Lijumberg (UK), Carmen Consoli, Renato Zero, Gianna Nannini, Pino Daniele, Piero Pelu, Fede Poggi Pollini (Ligabue), Vicenzio Caposella(Italy), Marco Borsato, Ruth Jacott(The Netherlands).

彼の作品は、全てミラノのプライベートアトリエで制作されている。テレビや広告に使われる特別衣装も制作されており、希望があれば、個人のスペシャルオーダーも受け付けている。